忍者ブログ
税理士のお役立ち情報を公開していこうと思います。
[43] [42] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「同族会社」という言葉、みなさんは聞いたことありますか?

一般的に言われる「親族会社」というイメージですか?

でも、「同族会社」と「親族会社」とは、実は異なります。



「同族会社」とは、法人税法の用語です。


その定義は、


親族グループを1グループとして、上位3グループでその会社の株式を50%以上保有している会社


とされております。

ということは、この同族会社に該当しないためには、親族でない株主を7人以上集める必要があります。


例えば発行株式100株の会社があったら

Aグループ 15
Bグループ 15
Cグループ 15
Dグループ 15
Eグループ 15
Fグループ 15
Gグループ 10

これで、どこのグループ上位3グループの合計は、50%を超えませんね。
これが、6グループだとどうしても、50%以上になってしまいます。


日本の大半の企業が、同族会社と言われてます。
実に日本の企業の95%以上は同族会社と言われております。


ところで、この同族会社に該当するとどのようなことが起こるのでしょうか?



同族会社の場合は、税務署は「同族会社の行為計算の否認」という権利を持っております。
実は、これ結構あいまいでして、具体的にどういうことがいけないかとか書いてありません。

例えば、会社名義で購入した車は、当然会社の経費になりますが、同族会社の場合で、会社で使ってないという疑いがあるとき(例えば、社長が個人的に利用)には、
税務署は、これを否認してきます。否認されると、この分が経費にならないので、
追加で税金を納めることになります。

しかし、きちんと、会社側で事業で使ったものだと立証できれば、全く問題はありません。しっかり記録を残しておくというのも大事ですね。



なお、社長一族で90%以上の株式を保有している場合の追加の税金は、またちょっと別の話になります。
こちらは以前書きましたので、下記を参考にしてみて下さい。

http://mikajiri.blog.shinobi.jp/Category/10/
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
税理士専門学校
簿記、FP、公認会計士などの資格取得『簿記・会計資格ナビ』
最新コメント
プロフィール
HN:
みかじ
年齢:
42
性別:
男性
誕生日:
1975/09/24
職業:
税理士
趣味:
ボウリング、バドミントン、ジョギング
自己紹介:
三ヶ尻忠敬のブログへようこそ!

「税理士って何をするの?」
「税理士? 凄いね!」

とよく言われます。
税理士は税法の専門家であり、会社の税務・決算申告の代行を主たる業務とします。

税理士三ヶ尻忠敬のモットーは「顧客愛」
当たり前の話ですが、お客様にはすべての面で得になるようにと考えております。

東京都中央区日本橋浜町にて、税理士事務所を構えております。
まだまだ30代と若手ですがどうぞよろしくお願いします。
また、日本橋地区には30代の税理士はほとんどいません(泣)。

ご質問やご相談は、この上部にある「税理士 三ヶ尻忠敬とは?」をクリックして下さい。
ブログ内検索
アクセス解析
忍者アド